スーツの男女

スケジュールソフトを使ってスムーズに情報を共有管理

労働環境を改善させる

社内

法改正によって、ストレスチェックが義務化されたため、50人以上のスタッフを抱える企業は、ストレスチェックを実地する必要があります。しかし、まだ新しい制度のため、具体的にどのようにストレスチェックを進めていけばよいのかわからないといった声も聞かれます。そこで、ストレスチェック実地に向けてのポイントを解説していきます。まず、ストレスチェックの流れとしては、社内で衛生員会などストレスチェック実地担当者を決めることが重要です。そして産業医と連携を取りながら、担当者はいつどのようなかたちでストレスチェックを行うかを話し合って決めていきます。そして実際に働くスタッフに説明をして、実地します。ストレスチェックの結果によって、高ストレス者がいれば、医師との面接が必要になります。実地するときの注意事項としては、人事権をもつスタッフが、アンケートの中身をチェックすることはできません。また、社外の人間など第三者がアンケートの中身を見ることも禁じられています。情報の取り扱いには特に慎重になる必要があるでしょう。さらに、実地した後は、結果を受けて、スタッフの精神的、肉体的なストレスを緩和させたり、改善するようなサポートを行っていくことが重要になります。スタッフがストレスなく働けるように、職場の環境をより良くするために、さまざまな取り組みを始めることも大切です。ストレッチやラジオ体操などの簡単な運動でも構いません。職場全体でちょっとした運動を日課にするなど、心身の健康を目指す取り組みがおすすめです。